印鑑なら日本最大級のはんこ総合サイト!ハンコ直販サイト

商品:0点
  • 代金引換
  • コンビニ
  • 銀行振込
  • クレジット
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • JCB
  • NICOS
  • JAL CARD
カートを見る

個人印鑑 認め印

印鑑の中でも用途の広い判子、手仕上げ認印です。
  1. 印鑑のハンコ直販サイト >
  2. 商品紹介 >
  3. 個人印鑑 認め印

材質一覧

各種サービス

  • 最短即日
  • 10年保障
  • デザイン確認
  • アタリ追加
  • 商品によりご利用できないサービスがございます。詳しくはアイコンをクリックください。

認印は、「認印という商品」として販売されているわけではなく、基本的には実印として印鑑登録されているもの、さらに、銀行印として使用しているもの以外の印鑑全てを指している場合が多いと思います。
したがって、市区町村あるいは法務局などに届けがされていない銀行印、あるいは訂正印なども認印と同じ扱いになることになります。
このような類の印鑑は、個人では宅配便の受け取り時や、その他必要な時に押印するために、個人でいくつか所有していることも多いと思います。

しかし、シャチハタや三文判と呼ばれるようなものであっても、民法上の契約の効力に何ら変わりはありませんので、慎重な扱いが求められるものでもあります。
認印に使用される書体としては、比較的シンプルで読みやすい書体に人気があるようです。

例えば、回覧板などに「確認しました」という意味を込めて押印するようなケースなども多くありますので、誰にとっても読みやすい書体であることは、それなりにメリットのある事になります。

このため、一般的に使用される書体としては、『古印体』や『隷書体』などになります。
『古印体』は、存在感のある陰影になる特徴があり、しっかりと明瞭な線によって読みやすくなる特徴があります。

これに対して、『隷書体』は、落ち着いた雰囲気の陰影になる特徴があり、その印象が上品であることから、女性にも人気のある書体となっています。
もちろん、この二つ以外の書体を使用することも可能ですので、好みに応じて選択してみるというのでも良いと思います

ページトップへ