印鑑なら日本最大級のはんこ総合サイト!ハンコ直販サイト

商品:0点
  • 代金引換
  • コンビニ
  • 銀行振込
  • クレジット
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • JCB
  • NICOS
  • JAL CARD
カートを見る

法人印鑑 銀行印

法人用の銀行印は、銀行や信用金庫などの金融機関への口座開設時に必要になる印鑑になります。
  1. 印鑑のハンコ直販サイト >
  2. 商品紹介 >
  3. 法人印鑑 銀行印

材質一覧

下記、画像をクリックいただくと各材質の商品一覧に移動いたします。

印鑑の中では、実印と同じ程度に重要になる印鑑になりますので、印鑑の選択だけでなく、保管方法などもしっかりとする必要があります。

各種サービス

  • 最短即日
  • 10年保障
  • デザイン確認
  • アタリ追加
  • 商品によりご利用できないサービスがございます。詳しくはアイコンをクリックください。

法人用の銀行印は、銀行や信用金庫などの金融機関への口座開設時に必要になる印鑑になります。
印鑑の中では、実印と同じ程度に重要になる印鑑になりますので、印鑑の選択だけでなく、保管方法などもしっかりとする必要があります。
とくに、手形や小切手を利用するケース、当座預金を開設するケースでは、手形や小切手が流通しますので、財運をも考慮された銀行印を使用することが望ましいとされています。

もちろん、個人用の印鑑と同じように、認印として使用するものとは異なるものを使用することが重要になります。
銀行印に彫刻される文字としては、一般的に法人名が外枠に彫刻され、内枠には「銀行之印」という文字が入るものになります。

また、法人用の実印と区別するために、実印よりも一回り小さいサイズで制作されることが多くなっています。
会社の銀行印と実印を併用しているケースもありますが、紛失などの万一のときのことを考え、銀行印と実印とは異なるものを使用する必要があります。

さらに、会社設立時などにセットで購入される場合は、銀行に行くたびに「銀行印」「実印」「認印」全てを持ち歩くことになり、一定のリスクが生じることがあるものになります。
そのため、3本全てが収納できるケース以外に、銀行印を入れるための専用のケースを用意しておくと安心です。
企業の運営と同じように、印鑑のリスク管理もしっかりとすることが、大きなトラブルを防止するためには、欠かせないものになります。

ページトップへ